考える医者

勃起不全の医薬品が肺の病気への効能と個人輸入

多くの医薬品は、副作用が生じ、そこにヒントを得てから代用されて作られています。たとえば男性脱毛症であるAGAの治療薬は、前立腺肥大の医薬品として使われていましたが、頭髪が濃くなったという患者の報告を受けてからAGA治療薬として開発されました。勃起不全にもそのような経緯があり、とくに有名なバイアグラは肺の病気の治療薬として使われていました。バイアグラの主成分が肺動脈性肺高血圧症の治療薬と使われていた時代もあります。

バイアグラが以前肺の病気に使われていた治療薬であった事実は、違う角度から見ると、それほど医薬品の服用はリスクがあることがわかるでしょう。だからこそクリニックで診察を受けてから、正しい服用方法を学んで使うことが大切です。勃起不全であれば原因を突き止めなければ、改善を図ることはできません。性行為の度に毎回医薬品を使うことにもリスクがあります。正しい改善方法を模索して、それに取り組む必要があります。

ただしクリニックを利用するにしても、患者の立場に立つと苦しい事情もあります。勃起不全などの症状は、健康や命に害を与えるものと判断されないことから、保険診療にはなりません。よって高い医療費を支払う必要があります。この大きなデメリットを解消するために、個人輸入を利用する人が増えています。

海外の格安な医薬品を取り扱っている個人輸入は、クリニックと同等の成分と同じ効果を持った医薬品を購入することが可能です。ただし個人輸入にもデメリットがあり、特に勃起不全の医薬品は偽物が多いと報告があります。信頼できる個人輸入を頼ることが求められており、リスクを軽減して服用するためには、やはりクリニックの受診がおすすめであることもわかります。